VIO脱毛を自宅でやる自己処理方法って?セルフで行うメリット・デメリット

博士、私今度VIO脱毛を自分でやってみたいと思っているんですけどどう思いますか?
アザちゃん
アザちゃん
ビタミノ博士
ビタミノ博士
ふむ、最近ではセルフでできる脱毛器具も良いものが出てきているため、それも1つの選択肢じゃな。
ビタミノ博士
ビタミノ博士
では、自分で行うセルフ脱毛のメリット、デメリットを比べながらみていくぞ。

今回はVIO脱毛を自宅で行う場合の具体的な方法をそのメリット、デメリットについてまとめてみました。

VIO脱毛って自宅でできるの?

VIO脱毛は、脱毛サロンやエステサロンで施術を受ける方法もありますが、自宅で自己処理することも可能です。

セルフでVIO脱毛ができれば、費用を抑えて安く脱毛できますよね。

また恥ずかしいデリケートな部分を人に見せなくて済む点も魅力的です。脱毛サロンのスタッフの方は何人もの人をみてきているとは言え、赤の他人に自分の大事な部分を見せるのは勇気が必要ですもんね。

自宅でVIO脱毛を行うとなると、普通の脱毛と比べて、セルフでは少しやりにくいかと思います。ただ、手が届く範囲に関しては、気をつけながら行えば特に問題ないでしょう。

カミソリを使ったセルフVIO脱毛

自宅でVIO脱毛する場合にはカミソリを使うケースが多いかと思います。そんな時は、肌にダメージを与えないように行なうことが大切になってきます。

セルフでVIO脱毛を行う前に体を清潔にしておく

カミソリを使うときの注意点としては、まず、事前に体を清潔にしておくことがポイントです。

これはVIO脱毛に限らず、手足の脱毛の場合も同じですが、万が一、傷つけて出血してしまった場合、体が不潔だとばい菌が傷口から入ってしまいます。

そのため、事前に「お風呂に入っておく」「シャワーの浴びておく」などキレイな肌の状態でVIO脱毛にのぞむことが大切です。

皮膚が柔らかい状態でセルフVIO脱毛にのぞむのがおすすめ

また、毛および皮膚が柔らかい状態でカミソリを使った方がうまくセルフ脱毛できるでしょう。そのため、入浴後のセルフVIO脱毛がおすすめです。

そして、実際にカミソリを使う際にはカミソリのすべりをなめらかにするために、シェービングクリームや自宅にあるボディクリームなどを使いましょう。

カミソリを使った脱毛の際には肌を保湿しておくことも大切なので、出来るだけ保湿力のあるクリームを使いたいですね。

セルフVIO脱毛の後はクールダウンが大切

VIO脱毛をカミソリで行なったあとは、ぜひクールダウンしましょう。

具体的には冷蔵庫で冷やしたタオルなどを皮膚に当てて、クールダウンさせます。もし熱さましシートなどが残っていればそれを使っても良いですね。

なぜクールダウンさせる必要があるのでしょうか?

それは皮膚の炎症を防ぐためです。かみそりで剃ったあとに肌を冷やすことで、皮膚の炎症を防ぎ、赤いボツボツが出にくくなります。

VIO脱毛の自己処理後はクリームで保湿

仕上げは、保湿力の高いボディクリームを塗って、VIO脱毛した箇所を保護しましょう。

特にVIO脱毛を行う部分は肌が弱い箇所なので、剃ったあとのケアが大切です。ケアをしないとカミソリ負けで肌の炎症などにも繋がるため、しっかりとケアしたいですね。

これらのことを守って自宅でVIO脱毛を行なえば、セルフVIO脱毛も問題なくできるでしょう。

毛抜きを使った自宅でできるVIO脱毛

カミソリを使ったセルフVIO脱毛の他に毛抜きを使ったセルフVIO脱毛のやり方もありますよね。

この記事を読んでいる人の中には「カミソリよりも毛抜きを使って抜いたほうが、無駄毛を確実に処理できるのでは?」と思っている方もいるかと思います。

ただ実際に脱毛サロンの方によると、毛抜きはあまりおすすめしないそうです。

なぜなら、毛抜きを使うことで想像以上に肌や毛根にダメージを与えてしまうためです。

そのため、自分でセルフVIO脱毛を行うのであれば「毛抜き」よりも「カミソリ」がおすすめなんだとか。

もちろんカミソリも使い方次第では肌を傷つける可能性があるなど危険なものなのは確かです。

カミソリを使ったセルフVIO脱毛の場合でも、皮膚を傷つけないために「顔用の安全カミソリを使う」「時間がある週末に行う」など、安全面を考慮した上で取り組みたいですね。

自宅で行うセルフVIO脱毛のメリット・デメリット

自宅でVIO脱毛ができるメリットには具体的にどんなものがあるのでしょうか?

自宅でできるセルフVIO脱毛のメリット

自宅でVIO脱毛ができるメリットは大きく以下の3つかと思います。

  • サロンに通う費用もかからず安く済む
  • サロンに行く手間が省ける
  • 自分の好きな時間で行うことができる

では、逆に自宅でVIO脱毛することのデメリットにはどんなものがあるのでしょうか?

自宅でできるセルフVIO脱毛のデメリット

自宅でVIO脱毛を行うデメリットは大きく以下の3つかと思います。

  • 準備がめんどくさい
  • プロのスタッフではないため肌を傷つける可能性がある
  • やり方がよくわからない

自分でVIO脱毛をするのは人によっては金銭的にも時間的にもメリットかもしれません。

ただ上記のデメリットが優ってしまう人は素直に脱毛サロンにお世話になるのも良いかもしれませんね。

セルフVIO脱毛にはどんなクリームがおすすめ

自宅でVIO脱毛を行う際にはどのようなクリームを使うのが良いのでしょうか?

例えば、除毛クリームを使うケースもあるかと思います。ただ除毛クリームは強い薬剤が入っているため、デリケートゾーンにはあまりおすすめしません。

ブラジリアンワックスでセルフVIO脱毛

また、海外では特に顕著ですが、VIO脱毛をワックスで行うやり方もあります。

「ブラジリアンワックス」という名前であればよく知っている人も多いのではないでしょうか。

それと同じようにVIO脱毛をする際もワックス状のものをデリケートゾーンに塗り、乾いたら一気に剥がします。

繰り返し行っていると、毛が薄くなるようですが、バリっと剥がすのは瞬間的にでもかなり強い痛みを伴うため、少し躊躇しますよね。人によっては肌ダメージが大きいと、赤く腫れてしまいます。

肌が弱い人は脱毛サロンがおすすめ

肌が弱い方は、クリームやワックスだと肌が炎症を起こす可能性があります。そのため、肌が弱い人は脱毛サロンに行くのがおすすめです。

どうしても自宅で行う場合はアンダーヘアを完全に無くすのではなく、量を調節するくらいに抑えた方が良いかもしれませんね。その際にはヒートカッターを使ったお手入れがおすすめです。

ヒートカッターを使ったお手入れでVIOのチクチクを抑える

ヒートカッターを使うことで、毛の切り口が丸まるため、チクチクを軽減することができます。

自宅のアンダーヘアの自己処理の際にハサミを使っていた人は、ぜひ100円ショップなどでヒートカッターを購入して使ってみてくださいね。

最後に

カミソリを使ったり、毛抜きを使ったり、なんだか私でも自分でVIO脱毛できそうな気がしてきました!
アザちゃん
アザちゃん
ビタミノ博士
ビタミノ博士
ふむ、自宅で簡単に脱毛できるようになった分、メリットとデメリットをよく見極めて行うと良いの。

いかがだったでしょうか?

皆さんも自宅で行うVIO脱毛についてはメリット、デメリットを十分に吟味して取り組んでください。

>あなたに合った脱毛はコレ

あなたに合った脱毛はコレ

あなたの悩みからぴったりの脱毛サロン・クリニックを無料でご紹介します。

CTR IMG